卵子・精子ドナーの渡航先情報

卵子・精子ドナーの渡航先について

渡航先は現在3つの国があります。
渡航先は依頼者のカップルによって決まりますので、卵子・精子ドナーが渡航先を選ぶことはできません。

ジョージ国のトビリシ

北はロシアと国境を接し、西には黒海、アルメニア、アゼルバイジャンが南西に位置します。ジョージア(グルジア)は民族紛争の後、二つの領土を失いましたが、現在は平和な状態が続いています。
ジョージア(グルジア)の首都トビリシは世界で最も安全な都市の一つで、テロ攻撃が起きない都市として昼夜を通して歩行者が安心して街を歩けます。ジョージア(グルジア)は欧州規格のパトロール警官が配備されています。ヨーロッパ諸国からも多くの人達が訪れ、ジョージア(グルジア)はその暖かい国民性において定評があります。
入国時にも入国カードの記載も無用ですぐに入国できます。

日本人はビザ不要の親日国家 「ジョージア(グルジア)」 ジョージア

タイ国のバンコク

タイには日本人観光客が年間100万人単位で訪れている国です。特にバンコクには日本人が5万人以上住んでいる都市です。
またリタイア後の住処としても人気がありように、物価も安く安全です。
またタイ料理も日本人が大好きな料理の一つです。最近は日本のコンビニでもタイ風の食品も売られています。
タイのバンコクは日本人には快適な滞在先となるでしょう。

タイ料理

カンボジア国のシェムリアップ

シェムリアップはカンボジアの首都プノンペンから北西に約250kmの場所に位置する町です。シェムリアップという名称よりも「アンコールワット」または「アンコール遺跡」のある町、と呼んだ方が馴染みがあるでしょう。
シェムリアップにはアンコール遺跡の他にも、クメール・ルージュの処刑場跡地やタ・プローム、バンテアイ・スレイなどの遺跡群があり、何れも有名な観光名所です。
食事は辛さの控えめなタイ料理といった感じで、日本人の口にも合いやすい味付けが庶民の味です。
最近は日本食レストランも増えてきており、食事に不便はしないでしょう。

精子ドナーの資格や条件

精子ドナーの資格・条件について

  • 満20才~45才までの健康で責任感のある方 (年齢制限に関してはお問い合せ下さい。)
  • 性病を含む感染症遺伝疾患を持たない方
  • 遺伝的要因による疾患をお持ちでない方
  • たばこや薬物そしてアルコール等の依存症でない方
  • 精神安定剤を日常的に服用していない方
  • 海外渡航と滞在が可能な方(3日間前後)
  • 近親者で精神的障害や身体的障害者などがいない方
  • 誕生した子供の親権を一切放棄できる方
  • 大学卒以上の学歴がある方(応相談)
  • 精子提供体験談を書いていただける方
  • 未婚既婚は問いません
  • 小遣い稼ぎやアルバイトが目的でない方
  • 精子提供により生まれた子供が将来、出自を知る権利を主張した場合に、個人情報の開示に応じられる方

精子ドナー登録の手順

精子ドナー登録の手順

【お申し込みから登録までの流れ】

▼ ステップ1: お問い合せ

(1)ドナー応募者専用のお問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら

(2) お電話:日本国内から
050-3134-3722(IP電話/日本国内)

▼ ステップ2: 資料をメールに添付して送付

精子ドナープログラム契約書見本 精子ドナーに関する取り決め書見本 精子提供者向け渡航日程(モデルプラン) 精液採取の方法と留意点について

▼ ステップ3: 登録フォームから登録

ドナー登録

登録の際に送付していただく写真はとても重要です。良い写真は指名されるための非常に重要なポイントです。古い写真やプリクラ写真などはNGです。
自撮り男性
今はiPhoneなどで自撮り(セルフィー)が簡単にできるアプリなどもあります
一度写真撮影(セルフィー)にチャレンジして見て下さい。
参考サイト:
http://trendripple.jp/5464.html
http://shonan-web.jp/social-media/selfie/

▼ ステップ4: パスポート(なければ免許証又は健康保険証)の提出

パスポート 免許証
登録完了後は指名があるまで通常の生活をして指名を待っていただきます。
Eメールアドレスや電話番号・住所などが変更したら必ずご連絡をお願いします。

▼ ステップ5: LINEやSkypeなどでオンライン面談

弊社からのご案内を参考にLINE(LINE ID: @a.kaji)やSkypeなどによるオンライン面談を行います。
登録完了後は指名があるまで通常の生活をして指名を待っていただきます。
Eメールアドレスや電話番号・住所などの変更がありましたら、必ずご連絡をお願いします。

精子ドナー指名後のプロセス

【 指名後から精子採卵までの流れ 】

▼ ステップ6: パスポートの期限確認 (6が月以上の残存期限が必要)

・期限が切れていたり、6ヶ月以上jの残存期間がない場合はすぐにパスポート申請して下さい。約10日前後で取得できますが、現住所と戸籍が違う場合は戸籍の取り寄せが必要なため、もっと時間がかかります。

▼ ステップ7: 血液検査+精子検査の実施(費用は事前送金で精算)

・医療機関またはインターネットで検査を受けて頂きます。

▼ ステップ8: 精子提供契約締結と精子提供に関する取決め書への署名捺印

・精子ドナーは依頼者カップルと「精子提供契約書」により正式に契約を結びます。
・精子ドナーは弊社との間に交わす「精子提供に関する取決め書」に署名捺印していただき、メールまたはFAXにて送付して頂きます。
・これにより精子ドナーの個人情報は厳重に管理されますのでご安心ください。
・依頼者へは匿名での精子提供となります。個人名や住所などが依頼者に知られることはありません。

▼ ステップ9: 航空券手配

・手配するのはエコノミークラスです。

▼ ステップ10: 指定の国に渡航

eggdonor,spermdonor

・空港には担当者が待機して精子ドナーの到着を待ちます。

▼ ステップ11: 精子採取と凍結保存

・クリニックまたはホテル自室でマスターベーション(自慰行為)によって精子採取していただきます。

▼ ステップ12: 日本に帰国

・日本帰国まで時間がありますので、体験談を書いていただきます。
・空港まで担当者がお送りいたします。

▼ ステップ13: 体験談提出後に謝礼のお振り込み

・日本帰国の前後に体験談を提出していただき、確認後に指定口座に謝礼をお振り込み致します。

精子ドナーへの謝礼

精子提供の謝礼について

精子提供者への支払いはあくまで精子提供プログラムに参加していただいた時間とその労力・献身に対する謝礼金です。
依頼人であるカップルが精子提供者の方の精子を購入し、その代金を支払うのでは決してありません。
ですから精子採取まで至った精子提供者の方には採取された精子の質や量にかかわらず謝礼は全額支払われます。

 

精子提供者の謝礼金は2015年7月から2,000 US$(約21万円)になりました。

 

ポイント1

滞在中の宿泊費用はもちろん食事補助もありますので、自分のお金を使うのは自分で観光する費用だけです。

 

ポイント2

弊社は渡航された後に止む終えない事情により精子が採取できなかった場合でも謝礼5万円をお支払致します。

 

ポイント3

採取できた精子の量にかかわらず、謝礼は全額お支払い致します。
もし、採取量が不十分な場合は翌日に再度精子採取をしていただくこともあります。

謝礼以外に支払われる諸経費について

  • 自宅から空港までの往復交通費補助
  • 渡航のための往復航空券
  • 渡航先での宿泊費用
  • 渡航先での食事補助(一日当たり1,000円)

精子提供(精子ドナー)

日本人の精子提供者(精子ドナー・スパームドナー)募集の概要

  • 精子は、希望される日本人のカップルに提供されます。
  • 精子を採取する施術はタイ・バンコクまたはジョージア・トビリシにある正式な不妊治療施設ので行います。
  • 採精はマスターベーションで一回の採精を行います。(足りない場合は2回)
  • 採精後、体験談を書いていただいたあとに謝礼金が支払われます。
  • 日本での空港までの移動費用や海外渡航保険、渡航費、滞在費、食費、医療費などを自己負担する必要はありません。
  • 自由時間は自由に観光やショッピングも自由に楽しんでいただけます。
  • 現地では、日本人または日本語のできる弊社スタッフが医療機関の送迎も含めて同行し通訳などのサポートしますので、英語などの言葉ができない、海外が初めての方でも言葉や生活の心配は一切ありません。
  • 謝礼は体験談提出後に現金または振り込みで受け取ります。またドナーが自分で立て替えた分がある場合は合わせて精算致します。

2020年4月現在の日本人精子ドナー登録者数

2020年4月現在で日本人精子ドナー登録者は32名様いらっしゃいます。

精子採取方法について

  1. ホテル室内またはクリニックの部屋でマスターベーションによって精子採取を行っていただきます。
  2. 採取した精子は速やかに洗浄してから保存液で処理した後に超低温の液体窒素で保存します。
  3. 通常は容器に2つ(2本=2回使用分)に分けて保存します。
  4. 採取できた精子が少ない場合、時間を空けて再度採取していただきます。

お問い合わせ・登録フォーム

ドナー応募者専用お問い合わせフォーム

お問い合わせ

精子ドナー登録フォーム

精子ドナー登録

精子提供(精子ドナー)記事一覧

精子ドナーの資格・条件について 満20才~45才までの健康で責任感のある方 (年齢制限に関してはお問い合せ 下さい。) 性病を含む感染症遺伝疾患を持たない方 遺伝的要因による疾患をお持ちでない方 たばこや薬物そしてアルコール等の依存症でない方 精神安定剤を日常的に...

精子提供の謝礼について 精子提供者への支払いはあくまで精子提供プログラムに参加していただいた時間とその労力・献身に対する謝礼金です。 依頼人であるカップルが精子提供者の方の精子を購入し、その代金を支払うのでは決してありません。 ですから精子採取まで至った精子提供者の方には採取された精子の質や量にかかわらず謝礼は全額支払われます。   精子提供者の謝礼金は2015年7月から2,000 US$(約21万円) になりました。   滞在中の宿泊費用はもちろん食事補助もありますので、自分のお金を使うのは自分で観光する費用だけです。   弊社は渡航された後に止む終えない事情により精子が採取できなかった場合でも謝礼5万円をお支払致します。   採取できた精子の量にかかわらず、謝礼は全額お支払い致します。 もし、採取量が不十分な場合は翌日に再度精子採取をしていただくこともあります。 謝礼以外に支払われる諸経費について 自宅から空港までの往復交通費補助 渡航のための往復航空券 渡航先での宿泊費用 渡航先での食事補助(一日当たり1,000円) ...

精子ドナー登録に関する FAQ 1. 渡航までの日程にどの程度余裕をいただけますか? 2. 一度の滞在で提供回数は複数回におよびますか? 3. 一人で何回まで精子を提供できますか? 4. 当方54歳ですが、精子ドナー登録は難しいでしょうか? 5. 最終学歴は東大,京大レベルでないと厳しいでしょうか? 6. レシピアントの方にはこちらの名前、住...

精子ドナー登録の手順 【お申し込みから登録までの流れ】 ▼ ステップ1: お問い合せ (1)ドナー応募者専用のお問い合わせフォーム お問い合わせはこちら (2) お電話:日本国内から 050-3134-3722(IP電話/日本国内) ▼ ステップ2: 資料をメールに添付して送付 ▼ ステップ3: 登録フォームから登録 ドナー登録 登録の際に送付していただく写真はとても重要です。良い写真は指名...