卵子ドナー体験談 その1

卵子ドナー体験談 その1 2010年3月

2010年3月の体験談

2010年3月に卵子提供を体験 滞在18日間

A型の卵子提供者(エッグドナー)の体験記 2010年3月

卵子ドナー経験者のIと申します。
私は学生最後の春休みを利用し、卵子ドナーのボランティアをさせて頂きました。
卵子ドナーって果たしてどんなんやの?と思っている方も多いと思いますので、僭越ながら経験者としてドナー体験を語らせて頂こうと思います。

最初は「どんな人ならドナーになれるのか」みたいな、条件だとかを踏まえつつ語らせて頂こうとも考えたのですが、そういうことは横須賀さん(takeさん)に聞いた方が正直よくわかると思いなおし(笑)、単純にドナー登録~帰国まで、私の体験させて頂いた流れを感想と共に並べさせて頂きたいと思います。

《ドナー登録~決定》
私は子どもがとても好きなのですが、愛するパートナーとの間に子どもをつくることは出来ません。
それは、私のパートナーは同性だからです。
でも、世界に幸せな子どもが増えたら嬉しい…
単純といえば単純な理由で、私はドナーへ登録しました。
ドナー登録は問診形式で、飲酒・喫煙習慣とか、家族関係とかを聞かれたりしました。
登録から数ヶ月たった今年初め、横須賀さん(takeさん)より「ドナーは可能ですか?」とお声をかけて頂き、時間調整もなんとか上手くできそうな運びにして下さった為、私は正式にドナーをお受けするというお返事をさせて頂きました。

《タイ渡航準備~チェックイン》
私は正直、卵子ドナーやタイ渡航どころか海外が初めてでしたので、色々不安もあり、横須賀さん(takeさん)に山ほど質問をしてしまいました。
横須賀さん(takeさん)が丁寧に質問に答えて下さり、またお手製のタイ渡航パンフレットも事前に送って下さった為、英語も(もちろんタイ語も)できない私でも無事に空港内の待ち合わせ場所へ到着することができました。

《タイ滞在中》
私は事務所の2階のゲストルームでタイ滞在期間を過ごさせて頂いたのですが、滞在期間中「動けなくなるくらいしんどい」という日は1日もありませんでしたので、近くに買い物へ行ったり、腹筋したり、絵を書いたり…と気分転換をしながら楽しく過ごさせて頂きました。
私自身は物欲・観光欲があまりない方なので、窓の外の景色を眺めたり、病院の行き帰りだけで結構満足してしまいましたが、行こうと思えば観光も楽しめたと思います。(一度、死体博物館へ誘われました笑)

《依頼者の方との顔合わせ》
私にドナーを依頼して下さったK夫妻に、タイで面会させて頂きました。
とても優しそうな面持ちのご夫妻でした。
ドナーに、生まれてくる子どもに対する責任等は一切ないとのことですが、私が年を経て高齢になった際に、「あぁそういえば、あの子が元気にしてたらいいな」という思えたらいいな(横須賀さんの受け売りですが笑)

《検査》
恥ずかしながら私、超音波検査ってお腹に機械を当ててやるものだと思っていました。
なので、初めての検査の時はちょっと抵抗が無きにしもあらず、だったのですが…
お医者さんも看護婦さんも優しいし、色々気遣ってもらえるので、普通に乗り越えられました。
蛇足ですが採卵の日、初回にお会いした西川○子似の看護婦さんに
「ハーイ、タケ!(横須賀さんのこと)○○!(私のファーストネイム。しかも発音上手!)」
と声をかけて頂けたのは嬉しかったです笑

《排卵誘発剤投与》
文字通り、卵子の排卵を促す薬を投与しなければならないんですが、その方法が、自己注射でした。
「自己注射」って響きがまず怖い、っていう方、多いと思います。
私も横須賀さんと看護婦さんの前で声に出して言いました笑
私が採卵の為にした自己注射は2種類なんですが、どちらもお腹に、お化粧用綿棒の頭くらいの長さの細い針を根元まで刺して注射するよう言われました。
初めてした時の感想は「なんだ、思ったより全然痛くないじゃん」
お腹をつまんで注射するのですが、針も細いし脂肪があるし(笑)で、すっと刺さっちゃうんですね。
最初数回は「ちゃんと注射できてる?!」ってバタバタしていたのですが、すぐに慣れました。
これはほんと、案ずるより生むが易しだと思います。

《採卵》
私は注射器の親玉で卵子を吸い出すのでは、と勝手に想定していたのですが、実際はもっと的確・丁寧な方法で、全身麻酔で眠っている間に終わってしまいました。
時間で言えば1時間弱、麻酔で眠る前は少し怖かったのですが、片言の日本語で励まして下さり、あっという間でした。
傷跡とかも全く残らず、不快感もなく、私はその当日から横須賀さん(takeさん)にラーメンをご馳走になってしまいました笑

《チェックアウト~帰国》
帰国の時も横須賀さん(takeさん)が出国審査ギリギリのところまで見送りに来て下さいました。
審査ゲートへ向かう本当に直前の、壁越しにまで見守って下さってくるのが解り、本当に有難かったです。

私の場合、タイへ出発~帰国が計18日間でした。
うち検査2日、自己注射が9日間でした。
私はこのドナー経験が、最初で最後のドナー経験になると思います。
若いうちに、約20日のまとまった休みがとれるってなかなかない事だから…
喜んでもらえて謝礼がもらえる、っていう貴重な経験ができて、ほんと人生の財産になったと思います。
改めて、ありがとうございました。

追記:
卵子提供者(エッグドナー)様のタイ滞在中の費用は食費を含めて弊社で負担しています。

採卵に伴う医療安全対策

卵子提供に伴う医療安全対策

卵子ドナーにお願いするのは、体外受精に使用する採卵へのご協力です。

体外受精とは、女性の卵巣から卵子を採取し、男性から採取した精子と体外で受精させ、できた受精卵(胚)を子宮内に戻し妊娠を試みる治療方法です。

体外受精

卵子提供を受けたいと希望される方は、様々な理由(卵子の老化や機能障害など)でご自身の卵巣からの採卵が行えません。

そのため、卵子ドナーの方に、体外受精の一部である卵子採取を受けて頂きたいのです。

ピル

卵子採取を行うまでには、ピルによる月経サイクルの調整、排卵を誘発する為のホルモン剤が投与されます。

また、卵子採取を行う際には、麻酔が使用されます。
投薬による一時的な副作用がでる方もいらっしゃいますが、長期的なリスクは無いと報告されています。

採卵までの治療は、専門医による綿密な診察を重ねた上で、お薬やメディカル・リスクに関する詳細な説明を重ねた上で行われ、安全には万全の対策がとられております。

卵子ドナー登録の手順

卵子提供(エッグドナー)登録の手順について

【 お申し込みから登録までの流れ 】

▼ ステップ1: お問い合せ

(1)ドナー応募者専用のお問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら

(2) お電話:日本国内から
050-3134-3722(IP電話/日本国内)

▼ ステップ2: 資料をメールに添付して送付

卵子ドナープログラム契約書_見本 卵子提供に関する取決め書_見本 卵子提供のリスク-OHSS(卵巣過剰刺激症候群) 卵子提供者向け渡航日程(トビリシ滞在モデルプラン)

▼ ステップ3: 登録フォームから登録

ドナー登録

登録の際に送付していただく写真はとても重要です。良い写真は指名されるための非常に重要なポイントです。古い写真やプリクラ写真などはNGです。

スマホで自撮り
今はiPhoneなどで自撮り(セルフィー)が簡単にできるアプリなどもあります
一度写真撮影(セルフィー)にチャレンジして見て下さい。

参考サイト:
http://trendripple.jp/5464.html
http://shonan-web.jp/social-media/selfie/

▼ ステップ4: パスポート(なければ免許証又は健康保険証)の提出

パスポート 免許証

▼ ステップ5: LINEやSkypeなどでオンライン面談

弊社からのご案内を参考にLINE(LINE ID: @a.kaji)やSkypeなどによるオンライン面談を行います。
登録完了後は指名があるまで通常の生活をして指名を待っていただきます。
Eメールアドレスや電話番号・住所などの変更がありましたら、必ずご連絡をお願いします。

卵子ドナー指名後のプロセス

【 指名後から卵子採卵までの流れ 】

▼ ステップ6: パスポートの期限確認 (3が月以上の残存期限が必要)

・期限が切れていたり、6ヶ月以上の残存期間がない場合はすぐにパスポート申請して下さい。約10日前後で取得できますが、現住所と戸籍が違う場合は戸籍の取り寄せが必要なため、もっと時間がかかります。

▼ ステップ7: 血液検査の実施(費用は事前送金で精算)

・医療機関またはインターネットで検査を受けて頂きます。

▼ ステップ8: 卵子提供契約締結と卵子提供に関する取決め書への署名捺印

・卵子ドナーは依頼者カップルと「卵子提供契約書」により正式に契約を結びます。
・卵子ドナーは弊社との間に交わす「卵子提供に関する取決め書」に署名捺印していただき、メールまたはLINEにて送付して頂きます。
・これにより卵子ドナーの個人情報は厳重に管理されますのでご安心ください。
・依頼者へは匿名での卵子提供となります。個人名や住所などが依頼者に知られることはありません。

▼ ステップ9: ピル送付

・生理開始日が極端にずれないように予めピルを卵子ドナーに送付して服用していただきます。
・ピルはインターネットで注文できます。

▼ ステップ10: 弊社にて航空券手配

・手配するのはエコノミークラスです。

▼ ステップ11: 生理日に合わせて指定の国に渡航

eggdonor,spermdonor

・空港には担当者が予め指定した場所で待機して卵子ドナーの到着を待ちます。

▼ ステップ12: 採卵のスケジューリング決定と投薬開始

・卵巣刺激剤を毎日指定した時間に臍周辺に自己注射の仕方を指導後に自己注射をしていただきます。個人差がありますが、注射針が細いので痛みはあまりありません。

▼ ステップ13: 採卵先クリニックで、定期な検査を行います。

・採卵まで3~4回の検査があります。現地滞在の担当者が送迎しますので、安心です。

▼ ステップ14:クニックで担当専門医が採卵

・最後の注射から36時間後に採卵します。麻酔をしますので、痛みはありませんし。実質20分程度で終わります。

▼ ステップ15: フォローアップ(帰国前検診)後に日本に帰国

・採卵後も身体の不調があれば医師が診察して適切な薬剤投与などの処置を行います。
・採卵後問題ないことを確認してから日本に帰国していただきます。
・日本帰国まで時間がありますので、体験談を書いていただきます。
・空港まで担当者がお送りいたします。

▼ ステップ16: 体験談提出後に謝礼のお振り込み

・日本帰国の前後に体験談を提出していただき、確認後に指定口座に謝礼をお振り込み致します。

卵子提供のモデルプラン

卵子提供プログラムのモデルプラン

スタンダード滞在プラン:19泊20日(日程は生理が遅れることもあり、その分日程が変更になります。)

1日目 *****(便名未定) にて日本発 ⇒ 現地空港着 弊社手配のホテルにて宿泊
2日目 生理予定日 弊社手配のホテルにて宿泊
3日目 エコー(超音波)検査及び血液検査を行います。
検査後、排卵誘発剤投与のスケジュールが決まります。
終了後、宿泊先までお送りいたします。
夕方から宿泊先のお部屋で排卵誘発剤を自己注射にて開始します。
4日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射開始 (個人差により日数が違ってきます。)
5日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射
6日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射 エコー(超音波)検査
7日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射
8日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射
9日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射 エコー(超音波)検査
10日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射
11日目 1日1回のr-FSH(卵胞発育刺激ホルモン)自己注射 エコー(超音波)検査
12日目 hCG(卵胞成熟剤)自己注射
13日目 休息日
14日目 採卵予定日hCG注射の36時間後に卵子抽出 (採卵日は生理や体調より日程変更になる事が多いです。)
15日目 休息及び体調管理のための予備日(観光をお楽しみ下さい。)
16日目 休息及び体調管理のための予備日(観光をお楽しみ下さい。)
17日目 休息及び体調管理のための予備日(観光をお楽しみ下さい。)
18日目 休息及び体調管理のための予備日(観光をお楽しみ下さい。)
19日目 休息及び体調管理のための予備日(観光をお楽しみ下さい。)
20日目 空港へお送り致します。日本へ帰国

 

卵子ドナーに対しての医療処置は、卵巣刺激注射投与、10-14日コースの超音波による観察、刺激された卵子を卵巣から採取します。採卵のちの回復後、治療周期におけるあなたの役割は終了となります。

 

他の医療処置同様、副作用やリスクが起こる可能性はあります。多くの卵子ドナーの場合、採血やホルモン注射に対する問題は通常ありませんが、場合によって局所的な不快感、注射跡の赤みやあざになることもあります。注射は痛い可能性もあり、薬の副作用は乳房の張り、水分滞留、膨張感、イライラ、卵巣捻転、腸内出血などが挙げられますが、重症になることは非常に稀です。

卵子ドナーへの謝礼

卵子提供の謝礼について

卵子提供者への支払いはあくまで卵子提供プログラムに参加していただいた時間とその労力・献身に対する謝礼金です。

依頼人であるカップルが卵子提供者の方の卵子を購入し、その代金を支払うのでは決してありません。

ですから、採卵まで至った卵子提供者の方には採卵された卵子の質や数にかかわらず謝礼は全額支払われます。

 

卵子提供者の謝礼金の金額は2015年7月から6,500 US$(約70万円)になりました。

 

 

ポイント1

滞在中の宿泊費用はもちろん食事補助もありますので、自分のお金を使うのは自分で観光する費用などです。

 

ポイント2

渡航された後の採卵プロセス途中で卵子ドナーの安全性を優先して採卵中止になっても、謝礼の一部10万円をお支払致します。

 

ポイント3

「採取できた卵子数」や、「受精卵の数」が少なかったら、謝礼を減額するエージェント会社もあるようですが、弊社では採卵できた場合は採取できた卵子の数や、受精卵の数にかかわらず、謝礼は全額お支払い致します。

謝礼以外に支払われる諸経費について

  • 自宅から空港までの往復交通費補助
  • 渡航のための往復航空券
  • 渡航先での宿泊費用
  • 渡航先での食事補助(一日当たり1,000円)

卵子ドナーの条件・資格

卵子ドナーの資格・条件について

 

  • 満20才~34才までの健康で責任感のある女性 (年齢制限に関してはお問い合せ下さい。)
  • 性病を含む感染症遺伝疾患を持たない方
  • 遺伝的要因による疾患をお持ちでない方
  • たばこや薬物そしてアルコール等の依存症でない方
  • 適正体重の方(BMI ボディマス指数)が18.5〜25未満の方) ※1
  • 精神安定剤を常用服用をしていない方
  • 海外渡航と滞在が可能な方(17日間前後)
  • 近親者でがん患者や障害者などがいない方
  • 誕生した子供の親権を一切放棄できる方
  • 高校卒以上の学歴がある方
  • 卵子提供体験談を書いていただける方
  • 未婚既婚は問いません。 出産経験者も歓迎します。
  • 小遣い稼ぎやアルバイトが目的でない方

 

※1BMI(ボディマス指数が計算できるサイト

卵子ドナー登録フォーム

卵子ドナー登録フォーム

2024年04月現在で日本人卵子ドナー登録者は全血液型の総計111名様いらっしゃいます。

現在の血液型別の割合はA型卵子ドナー30%、B型卵子ドナー22%、AB型卵子ドナー15%、O型卵子ドナー33%です。不足している血液型のドナー様のご応募をお待ちしております。

依頼者(レシピアント)に変わって卵子ドナーに感謝します。

依頼者(レシピアント)に変わって卵子ドナーに感謝します。

 

卵子ドナー登録ありがとうございます。
あなたの優しさと勇気に心から感謝致します。

航空券手配後のキャンセルポリシーに関して
依頼者と契約後の航空券手配した以降に無連絡で渡航しない場合などは10万円の違約金が発生致します。
無連絡の取消は違約金が発生することがあると理解して登録致します。

卵子提供に伴うリスクについて
詳しくはこちらのPDF資料をご参照下さい。

プライバシーポリシー(個人情報取扱)に関して
詳しくはこちらのページをご参照下さい。

「●」マークの付いた項目は、レシピエントの方に公開されます。

記入例:○○○cm ○○kg
記入例: 20○○年○○月以降
渡航可能な国を全て選んで下さい。

以下の写真をアップロード(各1枚)してください。
1)お顔の写真 ●
2)お顔の写真(別アングルで) ●
3)パスポートまたは運転免許証の写真(日本国籍の方は日本政府発行のもの)

※お顔の写真は可能な限り最近(1年以内)のもので、普段の生活や表情が分かりやすいものを選んでください。幼少期の写真はNGです。

※パスポートまたは運転免許証の写真は弊社内でのみ利用します。レシピエントの方には公開されません。

※レシピエントの方向けのアピール文です。個人の特定できる内容は記載しないでください。
弊社へのメッセージや、ご質問などありましたら、ご遠慮なくお知らせ下さい。この内容はレシピエントの方には公開されません。

卵子提供(卵子ドナー)

日本人の卵子提供者(卵子ドナー・エッグドナー)募集の概要

  • 卵子は希望される日本人のカップルに提供されます。
  • 卵子採取は各国(タイ、ジョージアなど)の正式な不妊治療施設で行います。
  • 採卵自体は20分程度で終わる簡単な施術ですが、多少のリスクはあります。詳しくはこちらをご参照下さい。
  • リスクとしてまれに、施術後、お腹が張る、腹水が溜まる、吐き気を催すなどの症状が出ることがあります。
  • 採卵後の副作用等は数日間の休養や治療により回復するもので体に大きな危険性はありません。
  • まれに体質により採卵できない方がいらしゃいます。この場合でも謝礼金に一部10万円を謝礼として差し上げます。
  • 日本での空港までの移動費用や海外渡航保険、渡航費、滞在費、食費、医療費などを自己負担する必要はありません。
  • 自由時間が多いので自由に観光やショッピングも自由に楽しんでいただけます。
  • 現地では、日本人または日本語のできる弊社スタッフが医療機関の送迎も含めて同行し通訳などのサポートしますので、英語などの言葉ができない海外が初めての方でも言葉や生活の心配は一切ありません。
  • 謝礼は体験談提出後に現金または振り込みで受け取ります。またドナーが自分で立て替えた分がある場合は合わせて精算致します。

2024年04月現在の日本人卵子ドナー登録者数

2024年04月現在で日本人卵子ドナー登録者は全血液型の総計111名様いらっしゃいます。
現在の血液型別の割合はA型卵子ドナー30%、B型卵子ドナー22%、AB型卵子ドナー15%、O型卵子ドナー33%です。不足している血液型のドナー様のご応募をお待ちしております。

卵子採取の流れ

事前の血液検査+エコー検査の実施

・日本の医療機関で医療審査・検査を受けて頂きます。

↓

生理日に合わせて渡航

・生理開始日が極端にずれないように予めピルを卵子ドナーに送付して服用していただきます。
・空港には担当者が予め指定した場所で待機して卵子ドナーの到着を待ちます。

↓

医療機関で採血とエコー検査をします。

・血液検査の数値に従って投薬量を決定します。

↓

採卵のスケジューリング決定と投薬開始

・毎日指定した時間に臍周辺に「卵巣刺激剤」を自己注射していただきます。
・注射針が細いので、痛みはほとんどありません。

↓

通院と定期検診

・採卵まで3~4回の検査があります。日本人またはタイ人の担当者が送迎しますので、安心です。

↓

採卵

・最後の注射から36時間後に採卵します。麻酔をしますので、痛みはありませんし。実質20分程度で終わります。

↓

フォローアップ(帰国前検診)後に日本に帰国

・採卵後も身体の不調があれば医師が診察して適切な薬剤投与などの処置を行います。
・採卵後問題ないことを確認してから日本に帰国していただきます。
・体調が悪くても無理やり帰国させるような事はありません。

お問い合わせ・登録フォーム

ドナー応募者専用お問い合わせフォーム

お問い合わせ

卵子ドナー登録フォーム

卵子ドナー登録