卵子・精子ドナーの渡航先情報

卵子・精子ドナーの渡航先について

渡航先は現在3つの国があります。
渡航先は依頼者のカップルによって決まりますので、卵子・精子ドナーが渡航先を選ぶことはできません。

ジョージ国のトビリシ

北はロシアと国境を接し、西には黒海、アルメニア、アゼルバイジャンが南西に位置します。ジョージア(グルジア)は民族紛争の後、二つの領土を失いましたが、現在は平和な状態が続いています。
ジョージア(グルジア)の首都トビリシは世界で最も安全な都市の一つで、テロ攻撃が起きない都市として昼夜を通して歩行者が安心して街を歩けます。ジョージア(グルジア)は欧州規格のパトロール警官が配備されています。ヨーロッパ諸国からも多くの人達が訪れ、ジョージア(グルジア)はその暖かい国民性において定評があります。
入国時にも入国カードの記載も無用ですぐに入国できます。

日本人はビザ不要の親日国家 「ジョージア(グルジア)」 ジョージア

タイ国のバンコク

タイには日本人観光客が年間100万人単位で訪れている国です。特にバンコクには日本人が5万人以上住んでいる都市です。
またリタイア後の住処としても人気がありように、物価も安く安全です。
またタイ料理も日本人が大好きな料理の一つです。最近は日本のコンビニでもタイ風の食品も売られています。
タイのバンコクは日本人には快適な滞在先となるでしょう。

タイ料理

カンボジア国のシェムリアップ

シェムリアップはカンボジアの首都プノンペンから北西に約250kmの場所に位置する町です。シェムリアップという名称よりも「アンコールワット」または「アンコール遺跡」のある町、と呼んだ方が馴染みがあるでしょう。
シェムリアップにはアンコール遺跡の他にも、クメール・ルージュの処刑場跡地やタ・プローム、バンテアイ・スレイなどの遺跡群があり、何れも有名な観光名所です。
食事は辛さの控えめなタイ料理といった感じで、日本人の口にも合いやすい味付けが庶民の味です。
最近は日本食レストランも増えてきており、食事に不便はしないでしょう。

精子ドナーの資格や条件

精子ドナーの資格・条件について

  • 満20才~45才までの健康で責任感のある方 (年齢制限に関してはお問い合せ下さい。)
  • 性病を含む感染症遺伝疾患を持たない方
  • 遺伝的要因による疾患をお持ちでない方
  • たばこや薬物そしてアルコール等の依存症でない方
  • 精神安定剤を日常的に服用していない方
  • 海外渡航と滞在が可能な方(3日間前後)
  • 近親者で精神的障害や身体的障害者などがいない方
  • 誕生した子供の親権を一切放棄できる方
  • 大学卒以上の学歴がある方(応相談)
  • 精子提供体験談を書いていただける方
  • 未婚既婚は問いません
  • 小遣い稼ぎやアルバイトが目的でない方
  • 精子提供により生まれた子供が将来、出自を知る権利を主張した場合に、個人情報の開示に応じられる方

精子ドナー登録の手順

精子ドナー登録の手順

【お申し込みから登録までの流れ】

▼ ステップ1: お問い合せ

(1)ドナー応募者専用のお問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら

(2) お電話:日本国内から
050-3134-3722(IP電話/日本国内)

▼ ステップ2: 資料をメールに添付して送付

精子ドナープログラム契約書見本 精子ドナーに関する取り決め書見本 精子提供者向け渡航日程(モデルプラン) 精液採取の方法と留意点について

▼ ステップ3: 登録フォームから登録

ドナー登録

登録の際に送付していただく写真はとても重要です。良い写真は指名されるための非常に重要なポイントです。古い写真やプリクラ写真などはNGです。
自撮り男性
今はiPhoneなどで自撮り(セルフィー)が簡単にできるアプリなどもあります
一度写真撮影(セルフィー)にチャレンジして見て下さい。
参考サイト:
http://trendripple.jp/5464.html
http://shonan-web.jp/social-media/selfie/

▼ ステップ4: パスポート(なければ免許証又は健康保険証)の提出

パスポート 免許証
登録完了後は指名があるまで通常の生活をして指名を待っていただきます。
Eメールアドレスや電話番号・住所などが変更したら必ずご連絡をお願いします。

▼ ステップ5: LINEやSkypeなどでオンライン面談

弊社からのご案内を参考にLINE(LINE ID: @a.kaji)やSkypeなどによるオンライン面談を行います。
登録完了後は指名があるまで通常の生活をして指名を待っていただきます。
Eメールアドレスや電話番号・住所などの変更がありましたら、必ずご連絡をお願いします。

精子ドナー指名後のプロセス

【 指名後から精子採卵までの流れ 】

▼ ステップ6: パスポートの期限確認 (6が月以上の残存期限が必要)

・期限が切れていたり、6ヶ月以上jの残存期間がない場合はすぐにパスポート申請して下さい。約10日前後で取得できますが、現住所と戸籍が違う場合は戸籍の取り寄せが必要なため、もっと時間がかかります。

▼ ステップ7: 血液検査+精子検査の実施(費用は事前送金で精算)

・医療機関またはインターネットで検査を受けて頂きます。

▼ ステップ8: 精子提供契約締結と精子提供に関する取決め書への署名捺印

・精子ドナーは依頼者カップルと「精子提供契約書」により正式に契約を結びます。
・精子ドナーは弊社との間に交わす「精子提供に関する取決め書」に署名捺印していただき、メールまたはFAXにて送付して頂きます。
・これにより精子ドナーの個人情報は厳重に管理されますのでご安心ください。
・依頼者へは匿名での精子提供となります。個人名や住所などが依頼者に知られることはありません。

▼ ステップ9: 航空券手配

・手配するのはエコノミークラスです。

▼ ステップ10: 指定の国に渡航

eggdonor,spermdonor

・空港には担当者が待機して精子ドナーの到着を待ちます。

▼ ステップ11: 精子採取と凍結保存

・クリニックまたはホテル自室でマスターベーション(自慰行為)によって精子採取していただきます。

▼ ステップ12: 日本に帰国

・日本帰国まで時間がありますので、体験談を書いていただきます。
・空港まで担当者がお送りいたします。

▼ ステップ13: 体験談提出後に謝礼のお振り込み

・日本帰国の前後に体験談を提出していただき、確認後に指定口座に謝礼をお振り込み致します。

精子ドナーへの謝礼

精子提供の謝礼について

精子提供者への支払いはあくまで精子提供プログラムに参加していただいた時間とその労力・献身に対する謝礼金です。
依頼人であるカップルが精子提供者の方の精子を購入し、その代金を支払うのでは決してありません。
ですから精子採取まで至った精子提供者の方には採取された精子の質や量にかかわらず謝礼は全額支払われます。

 

精子提供者の謝礼金は2015年7月から2,000 US$(約21万円)になりました。

 

ポイント1

滞在中の宿泊費用はもちろん食事補助もありますので、自分のお金を使うのは自分で観光する費用だけです。

 

ポイント2

弊社は渡航された後に止む終えない事情により精子が採取できなかった場合でも謝礼5万円をお支払致します。

 

ポイント3

採取できた精子の量にかかわらず、謝礼は全額お支払い致します。
もし、採取量が不十分な場合は翌日に再度精子採取をしていただくこともあります。

謝礼以外に支払われる諸経費について

  • 自宅から空港までの往復交通費補助
  • 渡航のための往復航空券
  • 渡航先での宿泊費用
  • 渡航先での食事補助(一日当たり1,000円)

精子ドナー登録に関する FAQ

渡航までの日程にどの程度余裕をいただけますか?

渡航までの日程にどの程度余裕をいただけますか?

精子提供者ご自身の都合(仕事や用事)に合わせてスケジューリングしますので、無理な日程にはならないと思います。

一度の滞在で提供回数は複数回におよびますか?

一度の滞在で提供回数は複数回におよびますか?

正常の範囲の精子量なら精子採取一1回となります
万一精液や精子が少なく足りない場合は再度精子採取になる可能性があります。
35歳以上の精子ドナーの場合は2回ほど精子採取をお願いする可能性はあります。

一人で何回まで精子を提供できますか?

一人で何回まで精子を提供できますか?

原則はお一人様2回(一年以内)です。時間を開ければ再度の提供は可能です。

なお、弊社では医学的問題より倫理的問題を重視しています。
何回も精子提供すれば日本でお子様が兄弟と知らずにカップルとなってしまう可能性が高くなりますので、弊社ではこれをなるべく回避したいと考えています。

当方54歳ですが、精子ドナー登録は難しいでしょうか。?

当方54歳ですが、精子ドナー登録は難しいでしょうか?

原則精子ドナーの年齢は満20才~45才までの健康で責任感のある方となっています。
せっかくのお申し出ですが、54歳では指名される可能性が無いとみて登録をお断りさせていただくほうが、良いと考えています。

精子ドナー申し込み条件の学歴ですが、最終学歴は東大,京大レベルでないと厳しいでしょうか?

精子ドナー申し込み条件の学歴ですが、最終学歴は東大,京大レベルでないと厳しいでしょうか?

指名される確率には影響しますが、精子ドナーとしての登録条件は「大卒」ですから、大卒であれば登録上の問題はありません。

レシピアントの方にはこちらの名前、住所までわかるのでしょうか?
また、最終的に生まれたお子さんが将来面会を希望してくることはあるのでしょうか?

レシピアントの方にはこちらの名前、住所までわかるのでしょうか?
また、最終的に生まれたお子さんが将来面会を希望してくることはあるのでしょうか?

住所は都道府県までの提供になります。
名前など、情報を組みあわせて個人を特定できるような情報は提供しないという条件となっています。
提供先のレシピエント様から希望があっても、お断りしております。

禁煙したばかりですが登録はできますか?

禁煙したばかりですが登録はできますか?
喫煙者は登録はできませんが、禁煙したばかりでも登録は可能です。
しかし、最低でも禁煙3ヶ月経過後に精子採取するスケジュールを組ませていただきます。

精子ドナー体験談 その2

精子ドナー体験談 その2

2015年5月の体験談

2015年5月に精子提供を体験 滞在3日間

精子提供者の体験談 2015年5月

「ドナーになった理由」
私がドナーになった理由は大きく分けると2つあります。
1つ目は私自身のDNAを残すことができる。
2つ目は付き合っていた彼女が子宮がんになり子宮全摘出手術を行ったため子どもができない辛さを知っている。
という上記2つの理由です。

「出発前」
連絡手段としては、主にメールを使います。気になることがあれば何度も質問をしました。その度、丁寧に答えてくださいました。
その他に、わかりやすい資料をメールまたは郵便にて送付していただけるので、渡航について心配することはありませんでした。

「空港到着後」
待ち合わせ場所はわかりやすく、到着するとすぐにアテンドスタッフが声をかけてくれました。その方はタイ人でしたが、日本に長期間住んでいたということもあって日本語堪能で安心して話をすることができました。
空港から車でオフィスに向かい、そこで丁寧な説明を受け宿泊先(以下コンドー)へと向かいました。コンドーへ向かう途中、どこかに立ち寄りたければ連れて行ってくれるということでしたが、前日の仕事で疲れていたので遠慮し部屋で休憩をすることにしました。

「コンドータウン」
宿泊先はホテルではなく、マンションタイプでリビングと寝室にわかれており、一人には十分な広さでした。外はとても蒸し暑く汗がダラダラでるほどの気候でしたが、部屋には冷房、扇風機が完備されているので暑さや、寝苦しさを感じることはありませんでした。
ちなみに、部屋のテレビで、日本のテレビ番組を30チャンネルくらいみることができます。
敷地内に入るには警備員が常駐しているゲートを通過する必要があり、建物の中に入るのにもセキュリティーカードが必要なので安心して過ごすことができます。
さらに、コンドーの1階にはコンビニやタイ料理店があるので、遠くまで買い物や食事に行く必要はありません。タイ料理店はリーズナブルでとてもおいしかった。しかし、唐辛子マークのメニューには要注意です。私には辛すぎました。

「クリニック」
クリニックは私が想像していたよりも遥にきれいで落ち着いた雰囲気でした。
まず、はじめに医師との面談がありますが、スタッフがついていてくれるのでタイの言語がわからなくても安心して面談ができます。
その後、採血、採精を行います。採血、採精方法は日本と同じです。
検査結果は午前中にでるので、問題がなければそれ以降は自由時間となります。
宿泊先に送迎してもらってもかまわないし、指定した場所まで送ってもらうことも可能です。

「最終日」
空港まで送迎してもらい、チェックインカウンターまで案内してくれ、チェックインにも対応してくれました。最初から最後まで、至れり尽くせりの対応でした。

「最後に」
日本ではなくタイまで渡航しなければならないため、人によっては相当な負担に感じるかもしれません。しかし、誰かの役に立てることは嬉しいことであり、ありがたいことでもあります。なぜなら、自然妊娠で子どもを授かることができない夫婦にとって、子どもを授かる機会ができるということは、説明できない程嬉しいことであり、その機会に私を選んでくれたことを私自身も嬉しく思うからです。
無事に新たな生命が誕生し、健康に育ってくれることを心から願っています。

精子ドナー体験談 その1

精子ドナー体験談 その1

2013年6月の体験談

2013年6月に精子提供を体験 滞在3日間

精子提供者の体験談 2013年6月

【はじめに】
今回、たまたま縁あってタイランドIVFサポートセンターの精子ドナーの登録をし、2013年6月、2泊3日の行程でバンコクへ渡って来ました。

【出発前】
渡航前、センターのスタッフと日程、宿泊先等について綿密に打ち合わせることができ、何の不安もなく出発しました。こちらの要望等、細かく配慮して頂けました。

出発直前には、緊急電話用コイン入りで、入国カードの書き方など懇切に記載されたパンフレットも送付されて、とても心強かったです。

【往路】
スワンナプーム空港での待ち合わせ場所も、事前に丁寧に分かりやすく指示されていたため、何の問題もなくスムーズに日本語の堪能な現地スタッフと合流することができました。

【現地にて】
今回、現地での宿泊はわずか2日と、大変短い日程でしたが、その分日本での仕事への影響は少ないし、短期間ではあれそれなりに観光も楽しむことができました。

現地宿泊先については、当初予定されていた場所が比較的狭いなどということで気を遣って頂き、2日目からは急きょ広い部屋使わせてもらえました。

変圧器も貸してもわえましたし、部屋には冷蔵庫も置いてあり、飲料水等十分に用意してくれていました。

また、日本のテレビ番組がほとんど全く見られるようになっているなど、随所に細やかな配慮が感じられました。

今回、一人での渡航ということで、その点は若干不安でしたが、現地でもセンターのスタッフに食事に誘ってもわうなどしたため、寂しいと感じることもほとんどなかったです。
今思えば、もっと遠慮せず、ダメ元で、スタッフに観光などに連れて行ってもらえないか甘えれば良かったです。

【採精手続について】
採精手続についてですが、看護婦、医師の丁寧な問診を受け、詳細な血液検査も受け、いずれの数値も問題ないということで、予定通り無事採精することができました。

精液検査の結果、運動率が普段の数値より低いということでしたが、全体の行程に影響が出るほどのことはないということでホッとしました。

このように普段の数値より低かった理由としては、今回の日程が、6時間を超えるフライト(機内では体力温存に努めてはいましたが、エコノミー席で、ジェットエンジンの轟音の中、眠りも浅く、どうしても限度があります)の翌日、早朝からの手続であったことも少なからず影響しているように感じます。
もう少し余裕のある日程を組めていたら、より良質のものを提供できたのかなと、その点では残念でした。

【帰路】
帰路についても、センタースタッフが送迎はもとより、空港カウンターでのチェックイン、手荷物預けまで付き添って下さり、安心して帰国の途につくことができました。

【最後に】
今回、微力ながら人の役に立てたことに喜びを感じています。センターのスタッフにもとても良くして頂きました。機会があれば、また協力させて頂きたいです。

精子ドナー体験談

精子ドナー体験談記事一覧

精子ドナー体験談 その1 2013年6月の体験談 2013年6月に精子提供を体験 滞在3日間 精子提供者の体験談 2013年6月 【はじめに】 今回、たまたま縁あってタイランドIVFサポートセンターの精子ドナーの登録をし、2013年6月、2泊3日の行程でバンコクへ渡って来ました。 ...

精子ドナー体験談 その2 2015年5月の体験談 2015年5月に精子提供を体験 滞在3日間 精子提供者の体験談 2015年5月 「ドナーになった理由」 私がドナーになった理由は大きく分けると2つあります。 1つ目は私自身のDNAを残すことができる。 2つ目は付き合っていた彼女が子宮...

精子ドナー登録フォーム

精子ドナー登録フォーム

依頼者(レシピアント)に変わって精子ドナーに感謝します。

依頼者(レシピアント)に変わって精子ドナーに感謝します。

 

精子提供ドナー登録ありがとうございます。
あなたの優しさと勇気に心から感謝致します。

航空券手配後のキャンセルポリシーに関して
依頼者と契約後の航空券手配した以降に無連絡で渡航しない場合などは10万円の違約金が発生致します。
無連絡の取消は違約金が発生することがあると理解して登録致します。

プライバシーポリシー(個人情報取扱)に関して
詳しくはこちらのページをご参照下さい。

「●」マークの付いた項目は、レシピエントの方に公開されます。

記入例:○○○cm ○○kg
記入例: 20○○年○○月以降
渡航可能な国を全て選んで下さい。

以下の写真をアップロード(各1枚)してください。
1)お顔の写真 ●
2)お顔の写真(別アングルで) ●
3)パスポートまたは運転免許証の写真(日本国籍の方は日本政府発行のもの)

※お顔の写真は可能な限り最近(1年以内)のもので、普段の生活や表情が分かりやすいものを選んでください。幼少期の写真はNGです。

※パスポートまたは運転免許証の写真は弊社内でのみ利用します。レシピエントの方には公開されません。

※レシピエントの方向けのアピール文です。個人の特定できる内容は記載しないでください。
精子提供により生まれた子供が将来、出自を知る権利を主張した場合にどの程度まで個人情報の開示に応じられるかをお知らせください。
弊社へのメッセージや、ご質問などありましたら、ご遠慮なくお知らせ下さい。この内容はレシピエントの方には公開されません。

精子提供(精子ドナー)

日本人の精子提供者(精子ドナー・スパームドナー)募集の概要

  • 精子は、希望される日本人のカップルに提供されます。
  • 精子を採取する施術はタイ・バンコクまたはジョージア・トビリシにある正式な不妊治療施設ので行います。
  • 採精はマスターベーションで一回の採精を行います。(足りない場合は2回)
  • 採精後、体験談を書いていただいたあとに謝礼金が支払われます。
  • 日本での空港までの移動費用や海外渡航保険、渡航費、滞在費、食費、医療費などを自己負担する必要はありません。
  • 自由時間は自由に観光やショッピングも自由に楽しんでいただけます。
  • 現地では、日本人または日本語のできる弊社スタッフが医療機関の送迎も含めて同行し通訳などのサポートしますので、英語などの言葉ができない、海外が初めての方でも言葉や生活の心配は一切ありません。
  • 謝礼は体験談提出後に現金または振り込みで受け取ります。またドナーが自分で立て替えた分がある場合は合わせて精算致します。

2020年4月現在の日本人精子ドナー登録者数

2020年4月現在で日本人精子ドナー登録者は32名様いらっしゃいます。

精子採取方法について

  1. ホテル室内またはクリニックの部屋でマスターベーションによって精子採取を行っていただきます。
  2. 採取した精子は速やかに洗浄してから保存液で処理した後に超低温の液体窒素で保存します。
  3. 通常は容器に2つ(2本=2回使用分)に分けて保存します。
  4. 採取できた精子が少ない場合、時間を空けて再度採取していただきます。

お問い合わせ・登録フォーム

ドナー応募者専用お問い合わせフォーム

お問い合わせ

精子ドナー登録フォーム

精子ドナー登録

精子提供(精子ドナー)記事一覧

精子ドナーの資格・条件について 満20才~45才までの健康で責任感のある方 (年齢制限に関してはお問い合せ 下さい。) 性病を含む感染症遺伝疾患を持たない方 遺伝的要因による疾患をお持ちでない方 たばこや薬物そしてアルコール等の依存症でない方 精神安定剤を日常的に...

精子提供の謝礼について 精子提供者への支払いはあくまで精子提供プログラムに参加していただいた時間とその労力・献身に対する謝礼金です。 依頼人であるカップルが精子提供者の方の精子を購入し、その代金を支払うのでは決してありません。 ですから精子採取まで至った精子提供者の方には採取された精子の質や量にかかわらず謝礼は全額支払われます。   精子提供者の謝礼金は2015年7月から2,000 US$(約21万円) になりました。   滞在中の宿泊費用はもちろん食事補助もありますので、自分のお金を使うのは自分で観光する費用だけです。   弊社は渡航された後に止む終えない事情により精子が採取できなかった場合でも謝礼5万円をお支払致します。   採取できた精子の量にかかわらず、謝礼は全額お支払い致します。 もし、採取量が不十分な場合は翌日に再度精子採取をしていただくこともあります。 謝礼以外に支払われる諸経費について 自宅から空港までの往復交通費補助 渡航のための往復航空券 渡航先での宿泊費用 渡航先での食事補助(一日当たり1,000円) ...

精子ドナー登録に関する FAQ 1. 渡航までの日程にどの程度余裕をいただけますか? 2. 一度の滞在で提供回数は複数回におよびますか? 3. 一人で何回まで精子を提供できますか? 4. 当方54歳ですが、精子ドナー登録は難しいでしょうか? 5. 最終学歴は東大,京大レベルでないと厳しいでしょうか? 6. レシピアントの方にはこちらの名前、住...

精子ドナー登録の手順 【お申し込みから登録までの流れ】 ▼ ステップ1: お問い合せ (1)ドナー応募者専用のお問い合わせフォーム お問い合わせはこちら (2) お電話:日本国内から 050-3134-3722(IP電話/日本国内) ▼ ステップ2: 資料をメールに添付して送付 ▼ ステップ3: 登録フォームから登録 ドナー登録 登録の際に送付していただく写真はとても重要です。良い写真は指名...